思ってもみなかったものが、、、、

咲 夢

陶芸をしばらく休みますとメールを入れたのが 相方が倒れた翌日。
事情は 分かったから 決して一人で背負わないようにね。と
優しいメールをいただき 5か月が過ぎてしまった。
2月初め頃そろそろ。。。陶芸も
月に一度だけでも 続けたいな と 思っていた矢先にコロナ。
連絡しなきゃと思いつつ 毎日が目まぐるしくて(^^ゞ

先生から 私の作品に 思っていた釉薬をつけてくださり
送ってくださったのだ。あと蕎麦猪口の未完成が3つある。
 


今年の干支 ネズミちゃん。💖
 

 横向きにしてみた。💖
  
余った白土で 来年の干支にって 作らせてもらった作品
すごく 思った以上に可愛くできてた。(*^▽^*)

 ぐい呑みとコーヒーカップ
 

 ぐいのみ 
 
小さいものほど難しいって痛感した作品。
白土が余ったので 時間もあったので 作らせてもらった。
ちょっと歪んでるけれど それが 手びねりのいいところよと先生の言葉

 コーヒーカップ
最初は 湯飲にするつもりだったのだけれど 
調子に乗り過ぎて歪んでしまって 歪すぎる もう嫌だと思ったとき
せっかくここまで作ったのに。。。取ってつければマグカップになる
きっと可愛くていいものになるって先生のアドバイス。
つぶしてしまうことは 簡単だし 諦めも早い方がいい場合もあるけれど
これは 生きてるから。。。勿体ないよ。と




 
前後ろに おなじ模様 開いてるところが寂しかったので🍀。

以前作った 湯飲みとお揃い。

私愛用の湯飲とマグカップになった。

こんな時だからこそ そして人よりすごく大変になったからこそ
時には ゆったり 大好きな珈琲でも飲んで 一息ついてほしいと
思ってね。 勝手なこと(釉薬付け)しちゃって ごめんね。
と お礼の電話を入れたときに話してくださった。
素敵なお手紙も入っていたので 本当に嬉しくて嬉しくて
続けたい意志を伝えた。 いつになるかもわからないけれど
今は教室辞める気ないから コロナが収束したら また始めましょうと
言ってくださった。

一つ一つの作品は 本当に苦戦して だからこそ 出来上がったものは
温かくて 心を和ましてくれる。
手に触れると馴染んで 伝わってくる優しさがある。
まだ 陶芸初めて 7か月。
何も分かっちゃいない 分かっているのは土の優しさだけ。

コロナが収束したらやりたいことの一つ。。陶芸
これから これから まだまだ やりたいことがいっぱい。

こんな時だからこそ 笑顔忘れず 心晴れ晴れなるように
顔晴らなくっちゃね。(*^▽^*)

笑うって心にも体にもいいことだから。。。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply