別府・大分散策

咲 夢


鉄輪から別府へ 亀井バスMyべっぷ1日ミニフリー乗車券」
別府に戻ってきた私たちは。。。
後残り少ない時間で 大分駅と別府散策をすることに。

まず別府駅に出たところで。。。

びっくり!!!!!これなんなん???インパクトありすぎ!!
謎の陽気なおじちゃんのオブジェを見つけました。
20190509103803104.jpg
油屋熊八氏の像だそうです。以下大分HPより抜粋
満面の笑みで 高く両手を挙げたポーズは
別府駅に降り立つとまず目に入り 人々をホットに包み込むような
そのスケールの大きさと存在感があります。
油屋氏は別府を観光地にしようと 別府港に桟橋を作る運動をしたり 
観光バスを通して日本で始めてのバスガイドを乗せたりしました。
地獄めぐりも温泉マークも油屋氏のアイデアです。
「山は富士、海は瀬戸内海、湯は別府」というキャッチフレーズを考案し
このフレーズを刻んだ標柱を富士山山頂付近に建てたのをはじめ
全国各地に建てて回りました。

なるほど別府に貢献していた人なんだね。





この後ちょっと予定変更して
大分駅に先に行こうということになり JRに乗って大分駅へ
とっても可愛い駅でびっくり!!
ちょっと調べたら 大分の新キャラクター【kuro】なんだとか
別府駅に 顔出しのがありました。これも可愛い。
トイレにも こんなかわいいkuroがいました。(画像左下)


大分駅下車【JR大分シティ】を少しの時間だけれど観て
ここで 夕飯にする駅弁 お土産などを選んで購入。
沢山のお店があって みているだけでも 楽しめました。

本当は天候がよかったら JR大分シティの上にある
シティスパてんくうで温泉に入らせたかったんだけど
時間もないし雨だから止めたよって 後で息子が
だから黒田やさんの鉄輪温泉にしたんだとか。。。
色々計画たててくれてたんだと思うと 母親冥利に尽きます。

少しの時間だったけれど JR大分シティ散策たのしかったぁ
欲を言えば 時間があれば大分駅から大分市をさんさくしたかったなけれどね。



大分から別府に戻って 今度は別府散策。
美味しいカレーパンがあるというのでそのお店を
目指して 別府を散策。
駅前で まず目が留まったのが 下画像左の
見るからに大正ロマンをかんじられる 可愛い建物を発見。
【駅前高等温泉】と書かれていた。
え?今も現役で 温泉にはいれるってこと???
扉には≪ぬる湯≫ ≪あつ湯≫と書かれていて
選んではいるらしい そして宿泊もできるようだ。
時間がないので入ることはできなかったけれど。。。
興味をそそる【駅前高等温泉】でした。

そして【やよい商店街】って書かれているアーケードを通って
お休みのところが多かったけれど 素朴な商店街でした。
やよい商店街でみつけた ビックリするほどおっきい天狗様(下画像左上)
【やよい天狗】と呼ばれる天狗様は
昭和48年に商店街の火災厄除けを記念して作られたそうです。
4月に開催される別府八湯温泉祭りの時は
おみこしとして担がれるらしいです。

凄く美味しいというカレーパンやさんTAKEYA
残念なことに 不定休日だったようで (´;ω;`)ウッ…
食べられませんでした。息子は カレーぱん大好きなの親父ために
食べさせたくて 連れて行ってくれたのにね。本当に残念!!
ちなみに。。。。
カレーパン300円。注文を受けてから揚げる
さくさくなんだそうです。ほかに大分名物の
だご汁ややせいうまや本格的なカレーなども
味わえるしテイクアウトかのとか。。。


でもねぇ TAKEYAさんの向かいに。
別府の代表的な温泉 竹瓦温泉を見つけました!!
一見旅館?お寺?と思うとどっしりとしたそして古びた建物。
道後温泉を 私は思い出した ジブリの世界に出てきそうな建物でした。


明治12年(1879)創設で当初建築されたものは
竹屋根葺きの浴場でその後改築されたものが瓦葺きであったため
竹瓦温泉の名称がついたと伝えられています。
現在の建物は昭和13年(1938)に建設されたもので
正面は唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根をもつ温泉となっており
その外観は別府温泉のシンボル的な存在となっているそうです。
天井の高いロビーは昭和初期のイメージを残しており
湯上りにくつろげるスペースとなっています。 
名物の砂湯は浴衣を着て砂の上に横たわると砂かけさんが
温泉で暖められた砂をかけてくれるそうです。
中はみられなかったし 時間がなかったから
入浴することもできなかったけれど 威風堂々の
言葉がぴったりだと思えた温泉です。


そろそろ別府観光港へ向かうバスの時間になってきました。
別府駅へ テクテク。。。。
歩いていると。。。。古い映画館???を見つけました。
後でわかったのですが 長い歴史を誇る老舗映画館です。
最新映画から懐かしい映画まで幅広く上映しているそうです。
ここだけ別世界。味わいある【映画館ブルーバード劇場】
このまま 残っていてほしい映画館でした。(o^―^o)ニコ


大分別府約8時間強 とっても充実した一日なりました。
さて 別府からさんふらわあ あいぼりが待つ
別府観光港へと亀井バスに乗り込みました。

次回 続きます。 ご覧くださって ありがとうございました。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply