9月に焼いたぱんPart1

咲 夢

ぱんをおうちで焼くようになって
何年いや 何十年になるかなぁ

小さな家族が 友達のお母さんが焼くぱんを頂いた時
『おかあたんは 魔法のお粉で ぱんは作れないの?』って

それが ぱんを作ろう 作りたい!と思ったきっかけ

なにが 悪いのか いくら頑張ってみても 焼きたては柔らかいのに
冷めると 硬くなる おうちのぱん

ぱんを頂いた友達のお母さんは ぱん教室の先生で
話をしたら 気軽に どうぞと。。。。

子連れでも そして マンツーマンで 
丁寧に 教えてもらった


それから 楽しくて 楽しくて ぱん作りにハマっていった

教室に通ったのは 『ぱん』だけだけど

習って良かったと 思う。


何年たっても なかなか 満足いくぱんは焼けないけど
それでも 家族の美味しい笑顔が見られる しあわせ

9月に焼いたぱん まず
【山食ぱん】
p10.jpg

成型する時間がなかったので 丸めてそのまま
食ぱん型にいれちゃった!
でも ちゃんと 山食になってくれました。
ちょっと 丸みを帯びてますが(^^ゞ
焼き上がりには パリパリ音をたてて おしゃべりしてくれます。


白神こだま天然酵母を使って
【黒糖ぱん】
p11.jpg

実は 失敗作なんです。

随分前のことだけれど 自然食のお店で 
美味しい黒糖パンを 頂いた時 
石釜で 焼かれていたので 
外はハードなのだけれど 中はしっとりしていて
ホシノ天然酵母を使われていて
本当に 美味しかったのです。

黒糖を どれくらい入れられているのか お聞きしたら
内緒ですよと 仰りながら 教えてくださったんです。

もっと 教えていただきたかったけれど
レシピは その人の大切なものだからと それ以上は 聞けませんでした。

黒糖生地は 白砂糖生地と違って 丁寧に 扱ってやってと・・・・

チャレンジしたくて したくて 。。。。
石釜は 無いけれど ずーーと ずーーーと

でも
失敗したら 材料が無駄になっちゃう!
どうしようと 迷っていたのです。


ドキドキしながら 生地を練り
黒糖がビックリするほど沢山入っている生地 
柔らかくて べたべたで。。。。
あ~~~ これ 大丈夫なのかな?

もちろん 白神こだま天然酵母を使ったので
いつも使い慣れたドライイースト『サフ』にしておけばよかったかな?

どうなるだろうと 思いつつ 不安が いっぱいでした。

ゆっくり発酵させ 待つこと1時間
分割して ベンチタイム 籐かごに入れて
仕上げ発酵 1時間半 思ったより膨らまない 後30分と
2時間 ゆっくり 発酵

低温オーブンに入れて 焼き始めたら びっくり!!!!
膨らんで 大きくなってました!!

ここで 咲夢は お馬鹿で 喜んで 気を抜いたのです。(´_`。)グスン
一気に200度まで 上げて焼き上げちゃったのです
本当は 低温から少しずつ温度を上げるほうが よかったのですが・・

少し 焦げちゃったの クラスト(ぱんの皮)が焼きすぎ

幸い 焦げ臭い匂いはしていなかったけれど
明らかに 失敗作!(´_`。)グスン

やっぱり クラスとが硬すぎ
でも。。。。。 中はとってもとってもしっとりしていて
かめばかむほど 黒糖の風味が口の中に広がりました。


まぁ 次回 また 挑戦 します。


咲夢は こういう失敗は 山ほどしてます

泣きたいくらい凹みます

家族が これも 美味しいやんと 食べてくれる笑顔に救われます。
感謝 してます。



失敗は成功のもと!ですよね!(*'-'*)エヘヘ


ぱんの香りとみんなの笑顔 幸せなひと時o(*⌒―⌒*)oにこっ♪



9月のぱんPart2へ続く

   

関連記事
Posted by咲 夢

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply