春を感じるぅぅぅぅ❗❗💕

リハビリの合間に 大阪市立長居植物園へ行ってみました。
お天気も良く 温かで 痛い痛いと思っても 進展もなく
ため息がでそうな金曜日(4/28)
気分転換に 時間つぶしにと 出かけたのです。
入園料200円 色んなお花が 楽しめて。。。(*^▽^*)
20170429072320382.jpg 


キリシマツツジが咲き満開!





こいのぼりも風に舞い踊る。青空いっぱいに




緑が映える とっても綺麗!





てくてく てくてく すがすがしい!




可愛いハート形 






光が差す こぼれ日も・・・心豊かにさせてくれる。




空の青さ 新緑の季節 色んなお花が楽しめる春!




薔薇は もう少し。。。待ってくださいなと
蕾がたくさんついていたよ。 遠慮がちにさいていた。
満開になったらきれいだろうな。

つつじもチラホラ 連休には満開になる?



野田藤も少し。。少なめに咲いていたなぁ。





河津桜の実 これはサクランボにはならないの。
完熟になると もっともっと黒っぽい色の実
食べられないこともないらしいが 人にとっては美味しくない
小鳥たちは 喜びそう!(*^▽^*)


これから 薔薇園も楽しみ そしてシャクヤクやシャクナゲ
5月から6月にかけても あじさいやスイレン 花菖蒲
夏のお花も楽しめるかな?

また 時々来よう。。。

痛みが続くと 時々凹む でも ここで また癒される
元気をもらって また進める。

痛みって なかなか 改善しないもの。

笑顔で。。。いつになったら 痛みから 解放されるかな。(^^ゞ


ご覧くださって ありがとうございました。


泉州熊野街道信達宿 町並み

野田藤 そして そのお隣の夢あかりを見た後は 
少しだけ 熊野街道信達宿を散策。
ちょっと 横道に入ると。。。小さな市場稲荷神社がありました。

江戸時代はこの周辺が商業の中心だったそうで 
市も立ち賑わったので商売の神様として祀られていたそうです。
今は 民家がまわりにあって ひっそりと静寂な雰囲気でした。


信達宿本陣跡(角谷家)
参勤交代の折に紀州徳川家が泊まった本陣です。
紀州街道は、紀州藩と岸和田藩の参勤交代路として整備され
紀州徳川家の参勤交代は、この角谷(つのや)家本陣で一泊する
ことが習わしとなっていたそうです。
113_3020_CIMG0691-690x460.jpg 
↑の画像は 恋するせんなん様からお借りしました。
ふじ祭りの2日間だけ中を観れることができます。
拝観料100円。中に入ったら 無料でボランティア?の方が
説明してくれます。もちろん質問にも答えてくださいます。
お庭もきれいでした。
籠があったり狩野派を代表する探幽の軸 重箱 伊万里焼の厠
貴重な品が 沢山ありました。

真如寺
真如寺(法性山寂静院)は正式な本陣である角谷家に対し
紀州藩の隠れ本陣として使われていたそうです。





昔の常夜灯



伊勢参りの道中安全を祈願して建立されたもので

平成4年まで約200年実際に使用したんですって!!


古い町並みが 泉州熊野街道 紀州街道には残っています。
近くにこんな場所が あったのだと。。
まだまだ知らない素敵なところが 沢山あります。

静かな場所。。。素敵でした。

今度は 長慶寺まで 足をのばしたいなぁ 
ゆっくり まったり 歩いてみたい 熊野街道。。。


ご覧くださって ありがとうございました。



お弁当もちゃんと作ってますよ。
4月分また まとめて更新しますね。

平成のやぐら門~夢あかり。。。

泉州熊野街道信達宿野田藤 故平成の花咲か爺さん(梶本さん)
の個人宅で開かれていたふじ祭り 
藤棚の奥へ進むと裏門(やぐら門)がある
 
でん!と構えられて 立派な門です。

牧野区で秋祭りに引き継がれてきた 地車の輪
このやぐらの輪は昭和8年に新調されて40年間村民の夢を夢を
のせた輪だそうです。

車庫のところでは ポン菓子が製造販売(ふじ祭りの時のみ)
されていました。100円で 沢山はいっていましたよ。


懐かしいポン菓子の機械 
気さくなおじさんたちとお話もさせてもらいました。
写真撮ってもいいですか?ときくと ええで ええで
でも俺らは あかんで~~~って 泉州言葉がいい感じでした。
他にも保存会のみんなさんが お善哉やお菓子なども売っておられ
お善哉も250円で販売 お花屋お野菜なども販売されていましたが
本当にお安くて 大体100円で 売ってくださるのです。

お隣には 夢あかり の看板が。。。


なんだろう?と覗いてみたら 素敵な行灯
正絹 着物生地で作られている行灯なのです。
 
四季折々。。
可愛くて 綺麗で 一つ一つ手作りの温かさを感じる作品でした。

 

  



 
販売もされていていますが 決して押し付けない 
作品の説明はしてくれますが 押しつけがましくなく
ゆっくり拝見できます。
ゆるりの時。。。まったり ゆったり 心豊かに。。。
こういうものを見ると 本当に日本人でよかったと
四季折々 こんな風に素敵な時間を過ごせてよかったなと
思いました。

藤に魅了され そして また 行灯にも。。。
心の癒し 最高です。

そして。。。熊野街道信達宿の散策は続きます。


またのちほど・・・・

ご覧くださって ありがとうございました。

泉州熊野街道信達宿 野田藤

4/22(土)またまた 相方が急に言い出して。。
去年 友達が行ってきたときいて 行けたらいいなって 
相方に話していたんです。
ネットで調べたら 今年は開花が遅くて 23日までのふじ祭りが
26日まで延長されるそうだとかいてました。
鑑賞できるのは29日まで できるそうです。



熊野街道沿いの信達宿にある「 梶本家の藤」
 昭和53年に植えた たった1本の野田藤が見事に育ち 4万もの花房を
つけ、4月中旬から下旬の花見の頃には 毎年「藤まつり」が開催され
遠方からの花見客でにぎわうそうです。

ここは故・梶本昌弘さんの個人宅です。
梶本さんが愛情込めて育てた野田藤を 梶本さんがなくなられてから
「熊野街道信達宿 藤保存会」の方々が守られています。
今年は 開花がおそくて 五分咲きでした。


それでも とっても綺麗でした。

隠れてみえないですね。カメラを持っている人が撮っているのは
藤とトランペット奏者の女性なんです。
中庭で トランペット生演奏を聞くことができました。




平家の衣装をきた女の子たち



レンタルできるのだとおもいます。

特設鑑賞台の上から見た藤


階段を上がって「藤の花」を 見下ろすことができます

とっても綺麗!!!゚゚o。((*^∀^))ニコッ。o+゚
まるで薄紫の雲海のようです。
ライトアップもされるようです。



ー信達宿の野田藤(梶本昌弘さん(故人))ー
樹齢37年で、幅が30メートル、奥行きは27メートル。
梶本昌弘さん(故人)が 丹精込めて育てた野田藤。
~このふじを訪ねる人にやすらぎを 去りゆく人に幸せを~
「平成の花咲か爺さん(梶本さん)」より

言葉通り 安らぎ 癒され 幸せな気持ちになりました。




梶本家の近くでは夢あかりという行灯(あんどん)
店や紀州家ゆかりの信達宿本陣跡「角谷家」なども
ありました。
これはまた 後で更新していきますね。


ご覧くださって ありがとうございました。

tag : お出かけ 泉州熊野街道 信達宿 野田藤 紫色の雲海 ふじ祭り

相方とお出かけ 最後は 美味しいパン屋さん

神戸で 食べてみたいパンが沢山ありました。
4/14(金)相方に誘われて神戸に、、、
異人館の帰りに気になってたパン屋さん
元町にもあったパン屋さんで 創業70年
美味しいパン屋さんと評判なので ぜひとも立ち寄りたくて。。
平成10年神戸市からパン部門では初めて
「神戸マイスター」の認定を受けたんですって。
20170417123110073.jpg 

沢山の賞をとってるお店なのです。


お客様が 沢山いて 唯一店内を撮れたのが ここだけ。

店内は 満員御礼!人 人 人!
種類も多くて 選ぶのに迷っちゃった。




メロンパン カレーぱん トレロンハーフサイズをカット 
塩昆布塩パン など・・


どれも美味しかったあ!
また 食べたいなあ!

メロンパン最高!!!
このバケット 最高!!!だいすき!゚゚+o。((*^∀^))ニコッ。o+゚

元町では 漢方茶を 二種類買いました。煎じて飲むと
今の私にはいいらしいの。゚(⌒∇⌒)
揚げ菓子もかっちゃったよ。(画像とるのわすれちゃった。)

次回はパン屋サン巡りもしたいなあ。
ハーバーランドや 煉瓦倉庫にもいってみたいなあ。

もう少しゆっくりとめぐりたいなぁと思った咲夢でした。


でも 本当に お家からずっと出てなかったので
とっても すがすがしいいい気分になりました。

また来ような って 相方の言葉に
ありがとう!と(⌒∇⌒) またつれていってくださいな。


ご覧くださって ありがとうございました。

プロフィール

☆咲 夢☆

Author:☆咲 夢☆
はぁーいっ♪ 明るく元気!それだけがとりえ。 メチャンコ...ドンくさ、天然! 泣き虫。。。。そんな おばちゃんです。 よろしくね。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お友達にブログ

☆参加サイト☆

楽しく 参加させて
いただいているサイトです。